iPhone紛失モードの完全ガイド

iOSシステムには欠陥がありますが、それを否定することはできません。 iPhone紛失モード それを際立たせる機能のXNUMXつです。 紛失モードでは、iPhoneの電源を切ったり、Wiを紛失したりした場合に、iPhoneの特定の側面を制御できます。ping誰かがデバイスを手にした場合に備えて、デバイスからの個人データ。 最終的に、この機能により、貴重なデータが悪用されるのを防ぐことができます。 iPhoneのロストモードのさまざまな機能のいくつかについて説明し、それらの使用方法について説明します。

PS:ここでは、どのように方法についての詳細を学びます Googleが紛失したAndroidスマートフォンを探す、および他の方法 紛失したAndroidデバイスを見つける.


パート1.データの保護

iPhoneのロストモードに進み、その機能のいくつかを活用する方法を説明する前に、iPhoneのデータを保護する方法を理解しておくことが重要です。 これを行うのは簡単です。定期的にバックアップを取ってください。

定期的にバックアップを取ることで、iPhoneを紛失してもデータが失われておらず、数秒で新しいデバイスに復元できることが保証されます。 これを行うには、XNUMXつのプログラムをお勧めします。

dr.fone –電話転送:このプログラムを使用して、スマートフォンのデータのバックアップを作成し、問題が発生した場合にそれらを復元できます。

dr.fone –iOSデータのバックアップと復元: に似ている dr.fone –スイッチ。このプログラムを使用して、データの選択的なバックアップを取ることができます。必要に応じて、データを選択的に復元することもできます。 これにより、復元前のデータをプレビューできるだけでなく、不要なデータの復元に時間を費やすこともなくなります。


パート2. iPhone紛失モードとは

iPhoneをお持ちの場合は、おそらく「iPhoneを探す」機能が搭載されているはずです。 この機能を使用すると、コンピューターでiCloudアカウントにサインインし、次のようなさまざまなオプションにアクセスできます。

iPhone紛失モード
  • サウンドを再生します:iPhoneは、iPhoneの位置を特定するのに役立つ大きなアラートノイズを再生します。
  • 失われたモード:これにより、iPhoneにメッセージが表示され、iPhoneを見つけた人が誰でも電話をかけて電話番号を返送できるようになります。
  • iPhoneを消去する:この機能を使用すると、iPhoneからデータを完全に消去できるため、データが失われて見つからない場合でも、データが悪用されることはありません。

これは、iOSユーザーが長い間望んでいた機能であり、最近のiPhoneモデルでは実現しています。 これらの機能にアクセスするには、以下の手順に従ってください。

iPhone紛失モード

ステップ#1 – iCloud.comにアクセスして、iCloudアカウントの詳細を入力します。
ステップ#2 –サインインすると、iCloudパネルで利用できるすべての機能を表示できるようになります。 クリックしてください "iPhoneを探す"ボタンをクリックします。
ステップ#3 –マップが表示されます。 クリックしてください "すべてのデバイスディスプレイ上部の「」タブで、紛失したiOSデバイスを選択します。
ステップ#4 –緑の点が地図上に表示され、前述の機能のいくつかにアクセスできるようになります。
ステップ#5 - クリックしてください "失われたモード表示されたボックスの「」機能を使用して、表示される指示に従います。
ステップ#6 –誰かがあなたのiPhoneを見つけると、入力した詳細がデバイスの画面に表示されます。

iCloudパネルからアクセスできる他の機能をいくつか見ることをお勧めします。これらの機能はすべてiPhoneユーザーにとってかなり便利です。


パート3. iPhone紛失モードでiPhoneを見つける

幸いにも、iPhoneの紛失モードを利用すれば、紛失したiPhoneを見つけることはそれほど難しくありません。 位置情報サービスを無効にしている場合でも、ロストモードでは、デバイスの位置情報サービスが一時的に有効になるため、デバイスを見つけることができます。

上記で述べたように、「iPhoneを探す」ページで地図が表示され、表示されている緑色の点を使用してデバイスを追跡できます。

紛失モードのiPhoneを探す


注目に値するのは、データプランを利用していない場合、デバイスの特定に問題が発生する可能性があることです。 これは、プロバイダーのネットワークに接続しないためです。 ただし、データプランがある場合は、すぐにそれを見つけることができます。


パート4. iPhone紛失モードをオフにする

これまでに提供された情報を使用してiPhoneを見つけて取り戻したら、iPhoneの紛失モードをオフにする必要があります。 これを行うには、以下に示す手順に従ってください。

iPhone紛失モードをオフにする


ステップ#1 - に行く iCloud.com iCloudのメールとパスワードを使用してサインインします。
ステップ#2 –メインメニューから、[iPhoneを探す"機能。
ステップ#3 –ディスプレイで、「すべてのデバイス上部にある「」タブをクリックし、紛失したiPhoneをクリックします。
ステップ#4 –画面の右上に表示されるボックスを使用して、「ロストモードの停止」ボタンの後に「クリックします"

これは間違いなく、iPhoneユーザーがアクセスできる最も便利でシンプルな機能のXNUMXつです。 iPhoneを紛失した場合、この機能を使用しない理由はほとんどありません。


パート5. iPhone紛失モードに関するFAQ

以下では、iPhoneの紛失モードに関してよく見られるいくつかの質問に回答しました。

iPhoneがオフになっている場合でも、追跡できますか?

この質問への答えは、いくつかの異なることに依存します。 iPhoneの電源がオフになっている場合、デバイスの現在の場所を追跡することはできません。 代わりに、ネットワークに接続された最後の場所のみを表示できます。

そうは言っても、デバイスが誰かに取り上げられて電源がオンになった場合、接続が範囲内であれば、デバイスを追跡することができます。

位置情報サービスを無効にしました。 iPhoneのロストモードを引き続き使用できますか?

これは、位置情報サービス(アプリと機能がデバイスの位置情報を表示できるようにするiOS機能)を無効にした場合でも、位置情報サービス機能が位置情報サービス機能を使用するときに無効にする場合でも、iPhone紛失モードを使用してiPhoneを追跡することの大きな利点のXNUMXつです一時的に有効にします。

これは、位置情報サービスを無効にするユーザーであっても、ロストモードには影響しないため、心配する必要はありません。

iPhoneを紛失してから数日が経過しましたが、iPhone紛失モードでそれを見つけることができません。

iPhoneが見つからず、何日も試してみた場合は、iCloudパネルを使用してデバイスをワイプすることをお勧めします。 これにより、有害なユーザーがあなたのiPhoneを見つけた場合に個人データにアクセスすることを防ぎます。


パート6.パスワードなしでiCloudのロックを解除する

iCloudパスワードを忘れた場合は、 iMyFone LockWiper パスワードなしでiOSデバイスのロックを数秒で簡単に解除するための最良の選択です。 それがあれば、iCloudパスワードを忘れてiPhone内のデータを取得する希望を失ったiOSデバイスユーザーにとっては悪夢ではありません。

の主な機能 iMyFone LockWiper

  • パスワードなしでiPhone / iPadのiCloudアカウントをリセットしてロックを解除し、修正する 彼のiPhoneは紛失して消去されました 簡単に
  • 顔ID、タッチID、XNUMX桁のパスコード、XNUMX桁のパスコードなど、あらゆる種類のロックを解除します
  • 以前のApple IDを削除して、ロック解除後に新しいApple IDを作成することができます
  • 無効、壊れてロックされたiPad、iPhone、iPod touchをサポート
  • 技術的な知識がなくても使いやすい

iMyFone LockWiper

パスワードなしでApple IDのロックを解除する手順

1ステップ。 ダウンロードして起動してください iMyFone LockWiper あなたのコンピュータ上で。

2ステップ。 'を選択する必要がありますApple IDのロックを解除'そして'をクリックしますロック解除を開始'ボタンをクリックします。

3ステップ。 の時間です LockWiper Apple IDのロックを解除します。

注意: 設定をリセットするには、設定に移動する必要があります。私の電話を見つける'はiPhoneで有効になっています。 その後、iPhoneが再起動します。 LockWiper Apple IDまたはiCloudを削除します

4ステップ。 今、 LockWiper iPhoneからiCloudアカウントの削除を開始します。 数秒待つだけです。

ダウンロード iMyFone LockWiper Free

これですべて完了しました。以前のアカウントは削除されているので、新しいApple IDを作成できます。 ただし、お使いのデバイスがiCloudアクティベーションロック画面を備えている場合、 iMyfone LockWiper 助けられなかった。 すでにアクティブ化されているiOSデバイスのみをサポートします。


結論する

iPhoneを紛失しても心配する必要はありません。 dr.fone –電話転送 or dr.fone –iOSデータのバックアップと復元 定期的なバックアップを取るために、あなたはあなたの心を安心させます。 最も役立つiOS機能のXNUMXつであるiPhone紛失モードと、その使用方法について徹底的に説明しました。 iPhoneを紛失した場合、できる限り早く元に戻すには、このモードを使用するのが最も便利なオプションです。 ただし、位置が離れすぎているなどの理由でデバイスを取り戻すことができない場合は、他のiPhoneを探す機能を使用してデータをワイプし、悪意のある人の手の届かないところに保管することができます。