Windowsでwisptis.exeの実行をブロックする

Wisptis.exe –それは何ですか?

WISPTISの完全な形式は「Windows Ink Services Platformタブレット入力サブシステム。」 Windows 10では wisptis.exe は、特にMicrosoftのTablet PCプラットフォーム用に設計されたOfficeの手書き機能をサポートするデバイスツールです。

ペンまたはタッチスクリーンモードが非アクティブの場合でも、バックグラウンドでアクティブのままであることが想定されています。 この実行可能ファイルを削除したり名前を変更したりしても、あまり効果はありません。 これは主に、Windowsファイル保護によって、wisptis.exeの再インストールが、Microsoft Officeを再起動または実行した後の時間に予定されているためです。

コンピューターにwisptis.exeをもたらす主なプログラムは、Microsoft Office、Journal Viewer、またはAdobe製品です。 wisptis.exeの削除は一時的なものであり、Windows 10の安定性には影響しません。 影響を受けるアプリケーションは、このプロセスを必要とするアプリケーションのみであり、短期的にも同様です。 タッチスクリーンまたは手書き機能を必要とするプログラムをインストールした場合、それらだけが実行を停止します。

PS:また、何であるかを調べてください 気を取られる、 とは Nissrv.exe 影響により Nvidiaバックエンド、および削除する方法 atiedxx.exe Windows 10上で。


wisptis.exeランタイムエラーとは何ですか?

名前が示すように、実行時エラーは、「実行時」に発生するOfficeに関するエラーです。 これは単に、Officeの起動中または実行中にwipstis.exeが読み込もうとしたときにEXEエラーが発生していることを意味します。 以下は、Officeの実行時に発生する最も一般的な種類のEXEエラーです。

  • 1. Wisptis.exeが破損しています。
  • 2. wisptis.exeが見つかりません。
  • 3. Wisptis.exeランタイムエラー。
  • 4. wisptis.exeをロードできません。 モジュールが見つかりません。
  • 5. wisptis.exeを読み込めません。
  • 6. Wisptis.exeが見つかりません。

通常、プログラムの実行中にwisptis.exeエラーが発生するたびに、プログラムが終了します。 このようなエラーメッセージは、Officeが起動時にファイルを見つけることができないか、ファイルが破損しているため、起動プロセスが途中で終了することを意味します。 これらのエラーが解決されない限り、Officeを起動できません。

問題を適切に修正するには、このwisptis.exeエラーの原因を見つけることが重要です。 通常、起動時にこれらのエラーのほとんどが発生します。 これは、プログラミングの問題、サードパーティのソフトウェアやプラグインとの競合、古いハードウェアの損傷など、さまざまな理由で発生する可能性があります。 このようなwisptis.exeエラーは、ファイルがウイルスによって移動、削除、または破損された場合にも発生する可能性があります。 アンチウイルスが最新であり、ファイルを定期的にスキャンしていることを確認することが重要です。

さらに、Windowsに直面している場合 NDIS.SYSブルースクリーンエラーまたは Windows 10で明るさを調整できない、今すぐ修正してください。 そして、もっと学ぶ nvdisplay.container.exe ここに。

wisptis.exeエラーメッセージのいくつかの一般的な原因

  • 1.ハードウェアの誤動作または故障。
  • 2.トロイの木馬、アドウェア、またはスパイウェアによる感染。
  • 3. wisptis.exe関連のファイルがレジストリで破損しています。
  • 4. Wisptis.exeファイルが誤って削除された。
  • 5. Wisptis.exeが完全にダウンロードされていないか、それを使用するソフトウェアによって正しくインストールされていない。
  • 6.別のプログラムがWindowsおよびその共有ファイルと競合しています。

wisptis.exeエラーの修正

wisptis.exeに関連する問題は、いくつかの方法で解決できます。 これらのソリューションの一部は、一定レベルのコンピューター知識を必要とし、上級ユーザーのみを対象としています。 wisptis.exeエラーを修正するとき、ミスに注意してアプローチすると、不安定な作業システムになる可能性があります。

wisptis.exeエラーが発生している場合は、トラブルシューティングの手順に従って、この問題が再発しないようにしてください。

ところで、あなたが探しているなら 最高のB450マザーボード、または修正する必要があります 0xc000021aエラー、もっと知りたい Browser_broker.exe、続きを読む。

PCを復元する

システムの復元を開始するには、Windows XP、Vista、7、8、および10で次の手順を実行します。

  • 1. Windowsを押します 開始 ボタン。
  • 2。 タイプ "システムの復元」および「入力します"
  • 3.結果で、 システムの復元.
  • 4.必要に応じてパスワードを入力します。
  • 5.システムの復元ウィザードの手順に従います。
  • 6.バックアップイメージを選択して復元します。

Officeを再インストールする

前述の手順でwisptis.exeエラーを処理できない場合は、別の方法を試す必要があるかもしれません。 これは、Microsoft Officeを最近インストールした場合に当てはまります。 このような場合は、以下に示すようにMicrosoft Officeをアンインストールして再インストールしてみてください。

  • 1. Windowsを押します 開始 ボタン。
  • 2。 タイプ "アンインストールするとヒット入力しますに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
  • 3.「を検索してクリックプログラムの追加または削除に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
  • 4. Office 2007を探してクリックします アンインストールする.
  • 5.アンインストールのプロンプトを確認します。

アンインストールしたら、コンピュータを再起動し、Microsoft Officeを再インストールします。 この手順が失敗した場合は、Windowsを更新する必要があります。

ちなみに、 WMIクライアントアプリケーションの非同期コールバックを受信するシンク と修正する方法 Igfxemモジュール ここで簡単に高CPUの問題。

Windowsを更新する

Wisptis.exeエラーは、古いWindowsの結果である可能性があります。 ウィンドウを更新するには、次の手順を実行します。

  • 1。 クリックしてください 開始 ボタン。
  • 2。 タイプ "アップデイト」を押します 返品 キー。
  • 3. Windowsのダイアログボックスが表示されたら、[更新を確認に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
  • 4。 クリック "更新プログラムのインストールに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
  • 5.アップデートが完了したら、PCを再起動します。

Windowsの更新後もwisptis.exeエラーが解決しない場合は、次の方法に進みます。 次のステップは、上級のPCユーザーにのみお勧めします。

ちなみに、こちらが主な修正点です Tabキーが機能しない エラーとすべてについて Windowsモジュールインストーラワーカー あなたのために。


wisptis.exeをダウンロードして置き換えます

前のXNUMXつの手順で問題が解決しなかった場合は、より高度なアプローチが必要になる場合があります。 前述のように、このアプローチはアマチュアWindowsユーザーにはお勧めできません。 この方法では、コンピューターにwisptis.exeファイルをダウンロードして置き換える必要があります。 以下の手順に従って、ファイルをダウンロードして置き換えます。

  • 1. Windowsオペレーティングシステムのバージョンを確認し、適切なものをダウンロードします wisptis.exe ファイル。
  • 2.オペレーティングシステムのバージョンに応じて、ファイルをコピーしてOfficeフォルダーの場所に配置します。
  • Windows 7 / XPの場合:C:\ Windows \ System 32 \
  • Windows Vista(64ビット):C:\ Windows \ SysWOW64 \
  • Windows Vista:C:\ Windows \ System32 \
  • 3。 PCを再起動する

この手順でもwisptis.exeの問題を解決できない場合は、クリーンなバージョンのWindowsを再インストールするしかありません。 新しいバージョンのWindowsのインストールは非常に時間がかかり、wisptis.exeランタイムエラーの問題を解決するための高度な方法であることに注意してください。

データの損失を回避するために、再インストールを開始する前に、すべての重要なドキュメント、ソフトウェアインストーラー、画像、およびその他の個人データをバックアップすることをお勧めします。 データをまだバックアップしていない場合は、すぐにバックアップする必要があります。

ちなみに、クリックすると igfxTray 同様に。


wisptis.exeエラーに関する追加情報

マイクロソフトのペンとタッチの入力コンポーネントであるwisptis.exeは、PCでタッチスクリーンが有効になっていない場合でも開始できるプロセスです。 また、ペンが接続されていない場合でも実行されている可能性があります。

PCが起動するたびにwisptis.exeが自動的に起動する可能性があります。 タスクマネージャーから無効にした後も復帰すると問題になります。 タスクマネージャーの[プロセス]タブに移動すると、ペンとタッチのコンポーネントであり、取り除く必要のある不要なプロセスであることが表示されます。

wisptis.exeをオフにする

まず、タブレットに関連する機能が誤ってコンピューターで有効になっているかどうかを確認する必要があります。 この場合は、システムにTablet PCコンポーネントがインストールされている可能性があります。 それをオフにするには、次の手順に従います。

  • 1。 プレス Windows ボタンをクリックし、「Windowsの機能に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
  • 2.結果から、「オフWindowsの機能のオンまたは"
  • 3.「タブレットPCコンポーネントPCから削除するには、チェックボックスをオフにします。
  • 4.これらのコンポーネントを必要としない場合のみ、そうしてください。
  • 5。 コンピュータを再起動してください。

それでもwisptis.exeが解決しない場合は、次の方法のいくつかを調べて取り除く必要があります。 これを行うには、このエラーの理由を理解するためのより良いツールが必要です。

プロセスエクスプローラーを開き、プログラムでwisptis.exeを探します。 AppVClientのサブプロセスであることがわかります。 つまり、AppVClientを効果的に終了するには、最初にAppVClientを処理する必要があります。
Microsoft App-V Clientサービスの一部としてのAppVClientの主な目的は、App-Vユーザーとそのアプリケーションを整理することです。 このサービスを使用していない場合は、自動起動を無効にすることができます。 次の手順を実行し、無効にする方法を学びます。

  • 1.ヒット Windows キー、「services.mscと」と入力してEnterキーを押します。
  • 2.これにより、オペレーティングシステムのサービスマネージャーが起動します。
  • 3.探してクリックします Microsoft App-Vクライアント.
  • 4.スタートアップの種類を マニュアル.
  • 5.「停止」は、サービスが実行されないようにする必要があります。
  • 6.これにより、AppVStreamingUX.exeが停止し、wisptis.exeも終了します。
  • 7. Windowsタスクマネージャで確認できます。

コマンドプロンプトからwisptis.exeを無効にする

前述の手順が失敗した場合は、この方法を試してください。 これには、コマンドプロンプトを使用してwisptis.exeを効果的に削除することが含まれます。 次のソリューションには、一定レベルのコンピューター知識が必要であることに注意してください。 以下のプロセスに不快な場合は、Windowsコマンドプロンプトを完全に操作する方法を知っている人の助けを借りてください。

Windowsボタンを押して、「CMD。」 プロンプトが表示されたら、「管理者として実行。」 クリック "ありユーザーアカウント制御のプロンプトがポップアップする場合。

次に、提供された次のコマンドを入力し、コマンドの各行の後にEnterキーを押します。

%systemdrive%

cd%windir%\ system32

takeown / f wisptis.exe

icacls wisptis.exe / deny“ NT AUTHORITY \ SYSTE <” :( RX)

これが完了したら、システムを再起動します。 コンピューターが再起動すると、wisptis.exeがタスクマネージャーで停止したことを確認できます。

グループポリシーエディターからwisptis.exeを許可しない

最後に、すべての方法が失敗した場合は、グループポリシーエディターからwisptis.exeを禁止してみてください。 これにより、システムリソースを使用するプロセスが維持されます。

そのためには、まず「ランウィンドウズボタンとRキーを同時に押すことにより、ダイアログボックス。 「gpedit.mscを」フィールドに入力し、Returnキーを押します。 これにより、ローカルグループポリシーエディターにアクセスできます。 案内する "コンピューターの構成> Windowsの設定>セキュリティの設定>ソフトウェアの制限ポリシー"

ソフトウェア制限ポリシー」、「アクション」をクリックし、「新しいソフトウェア登録ポリシー。」 次に、先に進み、「付則をクリックして新しいパスルールに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

ウィンドウが開いたら、「ブラウズ。」 この後、コンピューターのwisptis.exeの場所に移動します。 これは「C:\ Windows \ System32 \ wisptis.exe「 正常にナビゲートしたら、セキュリティレベルをクリックし、ドロップダウンメニューで「許可されていない。」 [適用]をクリックし、[OK]をクリックして変更を保存し、ウィンドウを閉じます。


結論

ソリューションにはさまざまな種類があります。 wisptis.exe インターネット上のエラー。 あなたがファイルを削除するべきであると提案する多くの人がいます。 一部の人は、ファイルの所有権を取得し、アクセス許可を変更してファイルをブロックするように提案することもあります。

ただし、最初に問題を分析し、問題の原因を正確に突き止めることが最善です。 他のサービスまたはプロセスがプロセスを生成している可能性は常にありますが、最初に状況を分析するという一般的な経験則は残ります。

また、ここをクリックして詳細を確認してください pingsender.exe.